悲しいカップル
薬を飲む男性

男性にとって、早漏というのは辛いものです。
そのために、女性と満足な性行為を行うことができずに、その結果、夫婦の間で子供を作ることができなくなってしまって、夫婦関係が事実上、破綻してしまう、ということになってしまったりもします。
セックスレスといわれている夫婦の中には、この男性の早漏が原因で、夫婦がまともに性生活を送ることができずに、そのためにセックスレスになってしまった、という場合が決して少なくないのです。
夫婦がまともに性生活を送ることができなければ、子供をもうけることができませんから、これは実に深刻な問題なのであり、早漏と笑って済ますことのできるようなものではありませんし、そのことで深刻に悩んでいる男性も少なくはありません。
では、その深刻な問題である早漏の改善策はないのか、といえば、その専門治療薬を使うといった方法もあるのですが、より手軽でお金もかからない方法、というものもあるのです。

それが、女性との性行為に臨む前に、自分の手で一度、射精しておくというものなのです。
実はこの方法、早漏への対策として昔から行われていたものなのですが、意外にこのことを知らない人が多いようですね。
女性との行為に臨む前に、あらかじめ、一度、自分の手で射精しておくことで、女性との行為の際には二度目となるために、それほど早く放出してしまうことはなくなる、というわけなのです。
セックスの問題では、オナニーの効用というものがよく取り上げられていて、これが早漏対策としても有効なものなのですが、それそのものを治療するというものではありませんから、早漏の治療法とは言えないのかもしれません。
しかし、この方法を用いることによって、子供をもうけることができないために、夫婦の性生活を破綻させてしまう、といったことを防ぐことができるのですから、やはり、治療法の一環として考慮すべきものと言えるのではないのでしょうか。